綺麗な髪でいるために必要なこと

Pocket

こんにちは

本厚木の美容師篠原ジョーです

突然ですが、みなさん髪のダメージ気になりますか?


んなもんあたりまえぢゃねーかっ!って聞こえてきそうですが、、

ダメージの原因って色々あるとは思いますが考えられることは

  • ヘアカラーやパーマの薬剤によるもの
  • コテやアイロン、ドライヤーの熱
  • 乾かさない
  • カットによるダメージ

て感じですかね。まだまだ挙げればきりがないのでこのくらいにしときますw

ヘアカラーやパーマなど薬剤によるダメージの改善策

残念ながら1度うけたダメージは元に戻ることはありません。そして痛まないカラーや痛まないパーマは今の所存在してないはずです。そこは知っといてもらいたいです。

でもカラーもしたいしパーマもかけたいですよね?


改善策としてはパーマで例えると、その髪の状態に合わせギリギリかかる、というとこまでパワーを抑えることが必要だと思います。

これをとりあえずかかればいいやくらいの感じで必要のないパワーの薬剤を使用する事が無駄なダメージを作ってしまいます。

正直ギリギリまでパワーを抑えるというのはかかりが弱いというリスクがあります。これに限っては知識と経験とお客様の髪をよく知ってるか?で大分違ってくると思います。

でもチェックの段階で弱ければもう1段階パワーを上げれば良いことですからね。焦りは禁物です。

強いパーマ液使えばとりあえずパーマはかかります。仕上げた段階ではお客様はあまりわからないと思います。ただ1〜2カ月後確実にダメージとなって差がでます。

プロとしてサロンに立ってる以上、髪の毛と向き合ってそのギリギリを見極める事がプロだと思ってますし、なによりもお客様の大切な髪の毛を扱わせて頂いてるという意識を常に持ち続け施術させて頂いております。

と、ここまでは我々美容師のやるべき最低限の仕事です。

そしてあとはお客様。美容師も頑張りますが、やはり綺麗な髪のためにはお客様の協力が不可欠なんです。

ではどーすれば?

だいぶ長くなってしまったので、その方法はまた書きますね^ ^
では!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種SNSもフォローお願いします♫

Instagram Feed
Something is wrong.
Instagram token error.